Life

ジオン注射で痔の日帰り手術をした私の体験談②〜手術当日から現在まで〜

20代後半のある日、私はいぼ痔・切れ痔・肛門ポリープの手術をすることになりました。

痔発見から手術前までの話は以下の記事をご覧ください。

ジオン注射で痔の日帰り手術をした私の体験談①〜発見から手術前まで〜痔の日帰り手術をした私の体験談をお話します。私はいぼ痔・切れ痔・肛門ポリープの手術をしました。痔で悩んでいる方、 これから手術を受ける方の参考になれば嬉しいです。この記事では痔発覚〜手術前までの話をまとめています。...

今回は、手術当日〜手術後、現在の様子についてお話します。

痔で悩んでいる人やこれから手術を受ける人の参考になれば嬉しいです。

※あくまで個人的体験談です。

痔の手術当日

病院に着き、着替える

いよいよ手術当日。

手術は15〜20分、手術後3,4時間ほど休んでから帰宅という流れです。

私は午後1時からの手術で、朝食は軽く食べてOK昼食はとらず水分をしっかり摂るように言われていました。

排便は自宅で済ませてから行きます。

事前に下剤を使ってお腹を綺麗にしなければいけない、というようなことはありませんでした。

病院へは、心細かったので夫を連れて行きました。

病院へ着くとベッドのある個室に案内され、用意されている紙パンツに着替えます。

夫とはここでお別れ…

看護師
看護師
ではこちらにお着替えをお願いします。携帯電話は終わるまで使えませんのでロッカーに閉まっておいてください。
うーたん
うーたん
分かりました。(ドキドキ…携帯は使えないのかぁ。休憩中何しようかな、本でも読むか〜。てかすごく不思議な服…)

手術がしやすいように、後ろが開いた服だったので落ち着かなかったです。

仙骨硬膜外麻酔が痛い

着替えを済ませしばらく待っていると看護師さんが入ってきました。

看護師
看護師
お着替え大丈夫ですか〜?では、始めに点滴をしますね。

ベッドに横たわり、点滴の用意が始まりました。

これは水分補給のための点滴だと言われました。

点滴は少しチクっとするくらいなので、この時点では私もまだ余裕ありです。

看護師
看護師
では少し休んでてくださいね〜。
うーたん
うーたん
はーい(この次はついに麻酔か…緊張するーーー!!)

今回する麻酔は仙骨硬膜外麻酔といって、尾てい骨の上あたりに針を刺して行う麻酔です。

無痛分娩にも使われている安全な麻酔だそう

私も事前にネットでたくさん調べていたのですが、麻酔は痛いという情報が…

看護師

ドキドキして待っていると、ついにお医者さんと看護師さんがやってきました。

点滴はつけたままベッドにうつ伏せになり、お尻むき出し。

医師
医師
少しチクっとしますよ〜(針を刺す)
うーたん
うーたん
(ん、これは全然痛くない)
医師
医師
では麻酔入れるので痛いですよ〜重くなりまーす。
うーたん
うーたん
(う”っ!!!)

お尻が勝手にギュッ!と動いてしまうくらい重い痛みがありました。

(痛みの感覚は局所麻酔と似てるかも?筋肉注射の、痛みが強いバージョンのような感じ)

それから、尾てい骨を上からズーンと押されているような感覚がしてきました。

これで終わりかと思いきや、液体の入った容器をつけ替えてまた注入。

うーたん
うーたん
(;_;)!

うつ伏せなのでどんな感じでやっているかは分かりませんでしたが、血液検査で2本以上とるとき容器を変えて行うように、おそらく麻酔の入った容器を変えて少しずつ注入してるようでした。

それをやること約5回…!

何回入れるのだろうと泣きそうになりましたが、気づいたらあっという間に終わっていました。

うーたん
うーたん
びっくりしたけど何とか耐えられた…これで痔の辛さから解放されるから頑張らないと!

麻酔を乗り越えればもう大丈夫だと思っていたので、少しホッとしました。

麻酔もだんだん効いてきて、お尻から太もものほうまでジンジンと感覚が鈍くなってきました。

看護師
看護師
では手術室に移動しますね〜。

ここから立ち上がり、隣の手術室へ移動します。

麻酔が効いてきて1人では少し歩きづらいので、看護師さんが腕を掴んでくれました。

手術室に入り、ベッドのような専用の機械の上にうつ伏せになります。

うーたん
うーたん
いよいよ手術スタート(°_°)

手術中の痛みはなし

看護師
看護師
少し眠くなる薬を入れますね〜目は閉じておいてくださいね。

看護師さんにそう言われながら、注射をされました。

目は閉じてと言われていたのに、気になって目を開ける私。

ただ落ち着かせるための薬かなと思っていましたが、視界がだんだんめまいのように揺れてくる…

うーたん
うーたん
(視界がぐわんぐわんしてる〜〜〜)

と思っていたら、

看護師
看護師
目は閉じておいてくださいね。(2回目)

目を開けていることがバレて、また言われてしまいました。

ごめんなさい。

そこから私はすぐ眠っていたようで、記憶がありません。

なので手術中の痛みは全くありません。

気づいたら手術はほぼ終わっていました。(手術時間は15分〜20分くらい)

手術終了、個室で休む

看護師
看護師
はい、では手術は終わりなのでね、仰向けになってくださーい。

仰向けになると、麻酔の影響なのかめまいがしました。

看護師
看護師
では立ち上がってもらって、お部屋に移動しますね〜。足がピリピリ痺れると思うけど…

と言われ、2人の看護師さんに両脇を抱えられながら歩いて移動。

1人では全然歩けないくらいめまいがすごくて、足もピリピリ。

フラフラしながら何とかベッドまで辿り着きました。

気分がわるいとかはなく、ただめまいがすごくて視界がぐるんぐるんしていました。

看護師
看護師
では麻酔を取れやすくする漢方(筋肉の緊張を和らげる漢方)なので飲んでくださいね。
うーたん
うーたん
(漢方薬が大の苦手……!涙)

麻酔が効いていたからか、その時はなぜか大丈夫な味で飲めました。

(そのあと同じものを処方されたので、帰宅して麻酔が切れた頃に飲んだらまったく飲めませんでした!びっくり)

看護師
看護師
それじゃ、しばらく横になって休んでてくださいね〜またあとで来ますね。
うーたん
うーたん
はーい

手術前「休憩中何しようかなぁ。」なんて呑気に思っていたのが馬鹿馬鹿しいくらいに、視界が揺れて目を開けるのも苦痛だったので、ソッコー横になって眠ることにしました。

パッと目が覚めると、1時間くらい経っていました。

麻酔もだいぶ取れてきて視界も楽になっています。

うーたん
うーたん
(めっちゃトイレに行きたい。そういえばトイレ行く時は声かけてって言ってたっけな…)

そう思っていると、看護師さんが入ってきました。

看護師
看護師
どうですかー?休めました?お手洗い大丈夫?
うーたん
うーたん
お手洗い行きたいです!

立ち上がるとまだクラっとはしましたが、自分で歩けるくらいになっていました。

手術後の排尿ですが、麻酔の影響で尿が出にくくなることがあり、出ない場合は管を通さないといけないと聞きました。

私もまだ麻酔の感覚が残っていて普段の感覚とは違いましたが、幸いきちんと排尿することができ、看護師さんにも「よかったよかった」と言われました。

注意事項と説明を聞き帰宅、痛みもなし

お手洗いが済むとお医者さんと看護師さんから注意事項や説明を聞き、着替えをして終了です。

主な注意点・言われたこと
  • お尻にスポンジを詰めてるいるが、排便で自然に出るので気にしないでOK
  • 排便は普通にしていい
  • 注入軟膏は使わず処方される薬だけ使用
  • アルコール刺激物は控える
  • 湯船に浸かるのは1週間ほど控える
  • 自転車も1,2週間控える
  • 術後の副作用として発熱吐き気がある場合もある
  • 多少出血する場合もあり
  • 大量出血した場合はすぐに連絡(24時間対応)

薬は、感染を防ぐ薬・胃薬・緩下剤など複数の錠剤と、手術後に飲んだ漢方薬お尻の筋肉の緊張を和らげる為)が出されました。

注入軟膏は無く、外側に塗る薬とガーゼ・テープが出されました。

しばらくはお尻にガーゼを挟んで過ごします。

ガーゼ

手術後は夫に迎えにきてもらい、一緒に電車で帰りました。

病院を出てからも麻酔が完全には抜け切れていない感覚で、フラッとする感じがありました。

ちなみに、術後は車や自転車の運転はNGなので注意が必要です。

うーたん
うーたん
気をつけて帰ろう!

その日は、麻酔が切れても痛みなどは全くありませんでした。

痔の手術翌日診察へ

手術の翌日は診察が必要だったので再度病院へ行きました。

傷口も綺麗で問題なし。

次の診察は1週間後だったので、手術当日にもらった薬と同じものを1週間分貰い帰宅しました。

痔の手術後通院は3回

手術後の通院は、手術翌日も含めて全部で3回でした。

その間、手術後の副作用で注意するよう言われていた発熱や吐き気などは私は一切ありませんでした。

仕事もいつも通りすぐにできます。

※重いものを持ったり激しく動いたりする作業はNG

一度排便の時に出血がありましたが、許容範囲のようで特に問題はありませんでした。

3回目の診察で「もう来なくて大丈夫!」と言われ、通院は終了です。

手術後の排便の痛みは、痔の時の痛みと比べ物にならないくらいほとんど痛くありませんでした。まれに便が出にくくなる人もいるそうですが、私はそう感じたことはなかったです。排便することがリハビリになるので、痛いのが怖いからと我慢しないように言われました。

術後8ヶ月現在の様子

手術から今約8ヶ月経ちますが、数ヶ月前に一度、便がまたかたくなってしまったせいで痛み(手術した所とは別の箇所)が出てしまい病院へ行きました。

それくらいであとは不自由なく過ごせています。

痔を治しても便がかたくなってしまうとまた繰り返してしまうので、生活習慣を見直して改善することが一番大事です。

便秘にならないようにすることを一番に考えて過ごしています。

うーたん
うーたん
痔の手術をして良かった…!もう悪化させないように気をつけるぞ!

まとめ:生活習慣に気をつけて痔の予防をしよう

以上、私が痔の手術をした時の体験談でした。

痔を治しても便秘がちで便がかたいままだと、また痔ができてしまいます。

痔を防ぐには生活習慣を見直して改善することがとても大切です。

痔を防ぐために
  • 水分をこまめにとる(一度に多くとると尿になるので少しずつとる)
  • 食物繊維をとる
  • トイレにこもらない
  • トイレでいきみすぎない(かたくて出なかったら無理に出さない)
  • 湯船に浸かる、体を冷やさない
  • 長く同じ体勢でいない
  • アルコールや刺激物は控えめに

あとは、少しでもあれ?と思ったら、市販の薬でも早めに処置するとよくなることもあるので、我慢しないことが大切です。

うーたん
うーたん
生活習慣に気をつけて痔を予防しよう!